私たちは「オノヤに関わる全ての人を幸せにする」をモットーに、日本一のライフスタイル提案企業を目指します

住宅を探す目的は、本当に望むライフスタイルを実現するためだと思います。
しかしながら、そんな理想の物件に出会うことはほぼ不可能なのです。なぜならその住宅の作り手は、あなたの理想を知らないからです。
私たちは新築物件ではなく、敢えてリフォーム前の古い物件を集めています。それらを素材とし、デザインリフォームとインテリアの力で、あなたの夢をかなえたいのです。住宅ストックを有効に活用することで、多くのお客様の理想のライフスタイルを形にできると考えています。

代表取締役社長 小野浩喜

5つのモットー

  1. オノヤに関わる全ての人を幸せにする

    会社とは”幸せの打ち出の小槌”である。振れば振るほど、お客様も、社員も、お取引先も、地域の方々もみな幸せになる。そうじゃなければ意味がない。競合する相手にも節度を重んじ、マーケットを奪うのではなく、新たに創り出す開拓者であれ。これは、私たちが先代社長から引き継いだ理念です。この理念に基づき、オノヤに関わる全ての人を幸せにすることが、わが社のモットーとなりました。

  2. 不動産×リフォーム×インテリアで独自のサービスを提供する

    不動産ショールームには、リフォーム前の磨けば光る中古住宅情報を多数展示しており、リフォームとセットで提案しています。お客様のライフスタイルに合わせて中古住宅をリフォームすることで、住宅ストックの価値を最大限に生かすことができるのです。住宅ローンにリフォーム代と家具代を組み込むと、金利や月々の支払い額がずっと有利になることもアドバイスしています。
    不動産とリフォームとインテリアの提案を同時にできるので、中古住宅を買ってリフォームをするのか、新築をした方がいいのか、それともいま住んでいる家をリフォームするのがいいのか、といったお客様の相談にもベストな回答を提示できるのです。不動産、リフォーム、インテリア、それぞれの相乗効果を発揮し、これからも独自のサービスを提供してまいります。

  3. オノヤのアドバイザーは、担当一貫性

    オノヤでは、アドバイザーがお客様の窓口となり、不動産を選び、リフォームプランを考え、見積りを作り、現場監督も務めます。担当一貫性は、相当な能力と情熱が必要ですが、最後にお客様の笑顔に出会える分、やりがいを感じています。お客様は、担当アドバイザーに頼れば、問題を全て解決できるので満足度が高いのです。
    例えば、予算内でどれだけ素敵なマイホームを手に入れられるかを相談されれば、営業としての提案力、プランナーとしてのデザイン力、現場監督としての施工力が同時に必要であり、これらが有機的に結びついて初めて、お客様が納得できる答えを出せるのです。
    また、従来の工務店などでは、デザインを得意とする人材が不足しており、デザイン性の良いリフォームをできる会社が少なかったのですが、オノヤでは営業マンが全てデザイナーですから、それぞれの地域にデザインリフォームの裾野を広げていくことができたのです。
    全国リフォームコンテストでは、最優秀賞を4回獲得しています。

  4. オノヤのリフォームは建築業ではなく生活提案業である

    古くなった箇所を、単にきれいにすることにとどまらず、お客様が本当に望むライフスタイルを探り当て、快適な住空間を提案することで、お客様の夢と幸せを実現することがオノヤのミッションです。
    だからこそショールームには、生活空間を体感し、リフォームのワクワク感を味わっていただけるよう、テイストごとにLDKをデザインしています。

  5. ライフスタイル提案企業として日本一になる

    オノヤのサービスを、心から喜んでくださるお客様が溢れるよう、日々誰にも負けない努力を続けてまいります。そしていつの日か、売上と利益だけでなく、お客様の満足度でも、社員の幸福度でも、日本一になりたいと考えています。
    全ての社員のベクトルを合わせて、その夢を実現し、そこから見える景色を社員、お客様、お取引先の皆様、みんなで楽しみたいと思っているのです。